妊娠中や生理中にフラッシュ脱毛したときの影響とサロンの対応

キレイモ値段

妊娠中や生理中にフラッシュ脱毛したときの影響とサロンの対応

 

妊娠中や生理中にフラッシュ脱毛したときの影響とサロンの対応

 

1.妊娠中・生理中にフラッシュ脱毛を受けたときの影響

 

妊娠中や生理中というのは体調などさまざまな変化がおこります。妊娠中や生理中にフラッシュ脱毛をおこなってもはたして平気なのでしょうか?また影響を与えるとしたら、どこにどのような影響を与えるのでしょうか?

 

ここでは妊娠、生理と脱毛の関係をわかりやすくまとめていきます。

 

 

1-1.妊娠中の胎児への影響

 

 

レントゲンとフラッシュ脱毛を比較してみます。

 

レントゲンもフラッシュ脱毛も体に光を当てることは同じですが、光が届く深さが違います。レントゲンは体内の奥まで光が届くので(放射線を当てるので)胎児への影響から妊娠中はレントゲン撮影できませんが、フラッシュ脱毛の光はムダ毛の毛根に光を当てるだけなので体内には届かず、胎児には影響はないとされています。

 

しかし、妊娠中にフラッシュ脱毛を受け続けたデータは少なく、実際のところはよくわかっていないのが現状です。それでも、「つわり」や「陣痛」の原因となる可能性を指摘する医療関係者もいるので妊娠中のフラッシュ脱毛は避けるようにしましょう。

 

もしものために妊娠中のフラッシュ脱毛はやめておきましょう!

 

 

 

1-2.フラッシュ脱毛とホルモンバランス@

 

 

妊娠中、生理中はホルモンバランスが崩れています。

 

妊娠中、生理中はホルモンバランスが通常とは違っていて、肌が少しの刺激にも過敏に反応してしまうため、カミソリなどで肌を傷つける可能性のある自己処理はもちろん、強い光を肌に当てるフラッシュ脱毛も妊娠中や生理中には適していません。

 

ホルモンバランスが崩れているときにフラッシュ脱毛をすると、肌が乾燥しやすく、ひりひりとした痛みや、かゆみみといった肌トラブルを引き起こす可能性が高くなり、起こったときの症状が通常よりも悪化する場合があります。

 

妊娠中、生理中のフラッシュ脱毛は肌トラブルを引き起こしやすくなります!

 

 

 

1-3.フラッシュ脱毛とホルモンバランスA

 

 

妊娠中はムダ毛の生え方などが変化します。

 

妊娠中は体調にさまざまな変化が起こります。髪の毛が薄くなったりするのも変化のひとつでこれもホルモンバランスが影響しています。こういった変化がおこりやすい状況なので、妊娠中は脱毛に適していないと言われてていて、通常のときと比べて十分な脱毛効果が得られない場合があります。

 

また、出産後にムダ毛が濃くなったり、いままで生えてなかったとこにも生えてくるといった場合があるので、妊娠中にいくらフラッシュ脱毛を受けてムダ毛が無くななったとしても、お金やサロンとの契約回数を無駄にしてしまう可能性があります。

 

妊娠中は脱毛に適していないので出産後にフラッシュ脱毛を再開しましょう!

 

 

 

2.妊娠中・生理中のサロンの対応

 

妊娠中、生理期間中はホルモンバランスの変化から脱毛に適していないということがわかってもらえたと思いますが、実際のところ妊娠中や生理中のときサロンではどのような対応をしているのでしょうか?

 

ここでは妊娠、生理に対してサロンがどのような対応をとっているのかを注意点とともに見ていきましょう。

 

 

2-1.妊娠中のサロンの対応と脱毛再開について

 

 

妊娠中はフラッシュ脱毛を受けることができません。

 

さきほどの3つの項目であげた理由から、妊娠中はフラッシュ脱毛を受けることができません。また、妊娠したらサロンに自ら妊娠したことを報告して、妊娠中はフラッシュ脱毛を受けられないことが契約によって決まっているサロンがほとんどです。

 

出産後に関してもサロンとの契約によっていつから脱毛を再開するのかが決められています。多くのサロンが生理が戻ってきたら、生理周期が安定したらと、『生理』があるかないかを判断の基準にしています。

 

妊娠中のフラッシュ脱毛の中断やいつから再開できるかはサロンとの契約によって決められています!

 

 

 

2-2.授乳期間の脱毛に注意

 

 

授乳期間中は胸などの脱毛ができません。

 

生理が戻ってもすぐに全身の脱毛が再開できるかと言えばそうではありません。胸や乳輪と言った授乳に関する部分の脱毛はすぐには再開できず、それは母乳を作る乳腺が脱毛によって何らかの悪影響を受けることを避けるためです。

 

また乳腺はワキの下のリンパ腺に繋がっているため、授乳期間中はワキ脱毛もできないので注意しましょう。ワキ脱毛は特に人気のある部位ですが、授乳期間に脱毛できないことを考えると、妊娠前に脱毛しておくことをおすすめします。

 

授乳期間は胸、乳輪、ワキの脱毛ができません!

 

 

 

2-3.サロンによって生理中の脱毛には差があるの?

 

 

サロンによっては生理中の脱毛ができないところがあります。

 

さきほどのとおり生理中はホルモンバランスの変化から肌が敏感になっていて脱毛をすると肌トラブルが起こりやすいので、生理とサロンの予約が重なってしまうと脱毛してもらえないサロンや、VIOの部分を避けて脱毛するサロンがあります。

 

各サロンの生理中の対応をまとめてみると、

 

サロン名

生理中の対応

キレイモ

脱毛できる(VIO以外)

ミュゼ

脱毛できる(VIO以外)

銀座カラー

脱毛できる(VIO以外)

エタラビ

脱毛できる(VIO以外)

脱毛ラボ

脱毛できない

シースリー

脱毛できない

 

 

脱毛ラボとシースリーでは生理中は一切脱毛ができないので、予約を取っていてもキャンセルしなければなりません。またそれ以外のサロンでは、VIOの脱毛もきちんとしたい場合は予定を変更して予約を取り直す必要があります。

 

脱毛ラボやシースリーのように生理中は脱毛できないサロンがあります!

 

 

 

2-4.生理で予約をキャンセルした場合などの注意点

 

 

料金の支払いを月額や分割にするときは注意しましょう。

 

脱毛料金の支払いを一括払いではなく、月額や分割で支払う場合、生理で予約をキャンセルしたときでも『自己都合』とみなされて、たとえその月にサロンで脱毛できなかった場合でも月額や分割の支払いは発生するので注意しましょう。

 

また、近年では食生活の変化や無理なダイエット、ストレスなどで生理不順でなくても生理周期が安定しない場合や、生理の期間が長くなってしまう人が増えてきています。そのため生理期間に近い日の予約には注意が必要ですし、生理でも脱毛してもらえるサロンを選ぶなどの工夫が必要です。

 

生理でその月に脱毛できなかった場合でも、月額や分割払の料金は支払わなくてはなりません!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

キレイモ値段に関する画像

 キレイモは値段が安く予約も取りやすい全身脱毛サロン

 

人気の全身脱毛サロンのキレイモ。しかし、他のサロンと比較して値段が安いのかどうかわかりにくいですよね?キレイモと人気脱毛サロンを徹底比較しました。