エステサロンで脱毛前後に注意する5つのこと

キレイモ値段

エステサロンでの脱毛前後に注意する7つのポイント

 

エステサロンで脱毛前後に注意する5つのこと

 

1.肌トラブルを起こさないための7つの注意点

 

エステサロンは脱毛料金は高いものの、脱毛効果に優れていたり、プロが脱毛してくれるなど、自己処理にない利点がたくさんあります。しかし、脱毛効果が高いということは、それだけ肌に負担をかけてしまっている可能性があります。

 

もちろん、サロンでは肌トラブルが起こらないよう、脱毛後に保湿ローションでケアしてしてくれるなどいろいろな対策をしてくれていますが、脱毛に通う本人が気をつけなければいけないこともいくつかあります。

 

ここではサロンで脱毛する前後で特に注意しなくてはいけないポイントを7つ紹介します。

 

 

 

1-1.脱毛前後は日焼けに注意

 

 

脱毛前後は日焼けに注意

 

 

日焼けした肌は脱毛器の光を吸収しやすくなります。

 

サロンでは黒い色素(つまりはムダ毛)に反応する光を脱毛器から照射して脱毛します。そのため、肌が黒いとそこにもムダ毛があると脱毛器が判断して照射してしまい、脱毛中の痛みや脱毛後に肌がひりひりと痛む原因になります。

 

また、サロンで脱毛した後の肌は乾燥していて敏感になっています。そのため、その状態で日焼けしてしまうと普段より焼けやすかったり、肌の赤みやひりひりとした痛みが起こりやすくなってしまいます。

 

脱毛前後に日焼けをすると肌トラブルが起こりやすくなってしまいます!

 

 

 

1-2.生理中の脱毛に注意

 

 

生理中の脱毛に注意

 

 

生理中は肌が敏感になっているので脱毛をするタイミングではありません。

 

生理中は体内のホルモンバランスが崩れて肌が敏感になっているので、普段サロンなどで脱毛して何も肌トラブルが起きない人でも、生理中は肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

そういった観点から、サロンやクリニックでは生理中は予約をとっていても脱毛してくれないところもあります。また脱毛してくれるところに通っていても、生理中で体調が悪いときなどは予約をキャンセルして、生理の期間が終わったら脱毛することをおすすめします。

 

生理中は肌が敏感になっているので肌トラブルが起こりやすくなっています!

 

 

 

1-3.脱毛前後の予防接種に注意

 

 

脱毛前後の予防接種に注意

 

 

予防接種とサロンでの脱毛で体調が悪くなってしまう場合があります。

 

予防接種はインフルエンザなどのウイルスを体内に直接取り込んで抗体をつくる目的でおこなうのですが、まれに体調が悪くなってしまう人もいます。そのことから、サロンでは脱毛の刺激によって予防接種後に体調を崩さないように予防接種の前後10日は脱毛ができないところが多くなっています。

 

また、予防接種の前後で脱毛をしてしまうと予防接種を受けてもきちんと抗体が作られず、予防接種の効果がしっかりと発揮されない可能性があります。

 

予防接種の前後10日に脱毛すると体調が悪くなりやすく、予防接種の効果も下がってしまう可能性があります!

 

 

 

1-4.体温が上がることでの肌トラブルに注意

 

 

体温が上がることでの肌トラブルに注意

 

 

体温が上がり、血行が良くなることが肌トラブルの原因です。

 

お酒を飲むと『体がポカポカ』してきたりしませんか?これはお酒に含まれているアルコールが血行を良くしたことで体温が上がった証拠です。そのため、お酒を飲む以外にも体温が上がった状態でフラッシュ脱毛を受けるとフラッシュ脱毛の光の熱が上手く逃げられず、肌に大きな負担がかかって肌あれなどのトラブルの原因になります。

 

もちろん、脱毛後も体温が上昇することは控えましょう。お酒を飲む以外でも運動をしたりなどをすると、脱毛後の肌の熱がそのまま体内に残ってしまうので、この場合も肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

脱毛前後にはお酒を飲んだり運動したりといったことは控えましょう!

 

 

 

1-5.汗をかくことでの肌トラブルに注意

 

 

汗をかくことでの肌トラブルに注意

 

 

汗に含まれる皮脂などが肌トラブルの原因です。

 

汗をかくとその汗の中に含まれている皮脂を栄養に雑菌が繁殖しやすくなります。特に脱毛後の肌はフラッシュ脱毛の影響で敏感になっているので、雑菌に対して過敏に反応してしまい、肌の炎症が起きやすく、腫れやかゆみといったトラブルの原因になります。

 

こういったトラブルを避けるために運動、入浴、飲酒といった体温が上がって汗をかきやすくなることは控えましょう。ただし、入浴に関しては体をきれいにして雑菌の繁殖を抑える効果もあるので、必要以上に体温が上がらないようシャワーだけにしておきましょう。

 

汗をかくと雑菌が繁殖しやすくて脱毛後は特に肌トラブルが起きやすくなります!

 

 

 

1-6.塗り薬などに注意

 

 

塗り薬などに注意

 

 

脱毛効果を下げたり肌トラブルの原因になります。

 

脱毛前には以下のものが肌についていないかチェックしましょう。

 

・化粧品
・香水
・制汗スプレー
・塗り薬
・日焼け止め

 

制汗スプレーをつけたまま脱毛をすると効果が下がってしまったり、ひどい場合には火傷など肌トラブルの原因になります。

 

脱毛前後では日焼けが厳禁ということもあり日焼け止めをしっかりと塗ってからサロンに行こうと思うかもしれませんが、日傘を使うなどで日焼け対策をするのがおすすめです。

 

脱毛は肌になにもつけていない状態でおこなうのが基本です!

 

 

 

1-7.肌に傷などがある場合には脱毛範囲に注意

 

 

肌に傷などがある場合には脱毛範囲に注意

 

 

傷などのまわりは脱毛ができない可能性があります。

 

サロンでは光を使った脱毛をおこなうので、日焼けした肌と同じように傷などがあって肌が変色している分部は脱毛できない可能性があります。

 

傷以外にも脱毛ができない可能性があるのは、

 

・手術の痕
・アトピーなどで肌がかぶれた部分
・タトゥー(入れ墨)

 

特にタトゥーなどに関しては注意が必要で、ほとんどのサロンではタトゥーとそのまわり5cm〜10cmの脱毛ができません。また、タトゥーがあって脱毛できない場合でも料金が安くなるわけではないので、この点にも注意が必要です。

 

タトゥーとその周りも脱毛できないので注意が必要です!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

キレイモ値段に関する画像

 キレイモは値段が安く予約も取りやすい全身脱毛サロン

 

人気の全身脱毛サロンのキレイモ。しかし、他のサロンと比較して値段が安いのかどうかわかりにくいですよね?キレイモと人気脱毛サロンを徹底比較しました。