自己処理をする時に注意しなければいけない6つポイント

キレイモ値段

自己処理をするとき注意したい6つのポイント

 

脱毛をする時に注意しなければいけない6つポイント

 

1.自己処理方法ごとの注意点

 

自宅で手軽に脱毛できるので、サロンに通わないで自己処理をしている人も多いと思います。しかし、間違った知識や方法で自己処理を続けていると、肌があれたり、肌が硬くなったりと、いろいろなトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

ここではやってはいけない自己処理の方法や注意点について説明していきますので、自分の自己処理が間違っていないかなどをしっかり確認していきましょう。

 

 

 

1-1.毛抜きを使った自己処理の注意点

 

 

自己処理で1番やってはいけない方法が毛抜きを使った脱毛です。

 

毛抜きでの脱毛はムダ毛を無理やり抜き取るので、肌への負担が1番大きい脱毛方法です。そのため、埋没毛や毛嚢炎(もうのうえん)といった肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

埋没毛とは毛根から抜けなかったムダ毛が、伸びていくよりも先に毛穴がふさがってしまい、ムダ毛が皮膚の中に埋まってしまった状態で、毛嚢炎はその埋まったムダ毛によって肌の中で炎症がおきて、ニキビのように赤く腫れてしまうことを言います。

 

毛抜きでの自己処理は埋没毛、毛嚢炎を引き起こします!

 

 

 

1-2.カミソリや電動シェーバーを使った自己処理の注意点

 

 

いわゆる『逆剃り』は肌トラブルの元です。

 

カミソリや電動シェーバーを使うときは、ムダ毛の生えている流れにあわせて剃っていき、逆剃りをしてはいけません。なぜなら、逆剃りをするとムダ毛を引っ張りながら剃っていくので肌に負担がかかることに加えて、肌の表面ごと剃り落して肌に傷をつけているからです。

 

肌ごと剃ってしまうことで、さまざまな肌トラブルがおこります。肌がひりひりと痛むカミソリ負けはもちろん、肌を何度も傷つけると肌が硬くなってしまったり、肌の色もだんだんと黒ずんできてしまうことがあります。

 

カミソリなどで逆剃りすると、肌が硬くなったり、黒ずんだりする原因になります!

 

 

 

1-3.除毛クリームを使った自己処理の注意点

 

 

肌にあった除毛クリームを選ばないと、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

除毛クリームを選ぶとき、とにかく除毛効果の高いものを選んで買っていませんか?除毛効果が高いということは、その反面、肌に大きな負担がかかっている場合がほとんどです。

 

特に敏感肌の人は注意が必要で、肌にあっていないものを使うと肌あれ、かゆみなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。最近では敏感肌専用のものもたくさん売っているので、肌トラブル回避のためにもそちらを使いましょう。

 

肌にあった除毛クリームを使わないと肌トラブルが起こりやすくなってしまいます!

 

 

 

1-4.ブラジリアンワックスを使った自己処理の注意点

 

 

毛抜きと同じようなトラブルが起こりやすくなります。

 

ブラジリアワックスとは海外で人気の脱毛ワックスで、脱毛したい部分に塗って、乾燥したらはがすだけなので、簡単にムダ毛の処理ができると日本でも広く知られるようになってきました。しかし、『ムダ毛を抜く』という点では毛抜きと変わらないので、埋没毛や毛嚢炎に注意しなければいけません。

 

また、ブラジリアンワックスは本来VIOの脱毛に使いますが、VIOは体の中でも特に敏感な部分なので、ワックスを剥がすときに涙が出てしまうほどの強い痛みがあります。

 

ブラジリアンワックスは肌トラブルに加えて痛みが強い欠点があります!

 

 

 

2.自己処理での肌トラブルを回避する3つのポイント

 

自己処理での肌トラブルを回避する3つのポイント

 

 

先ほどの項目で自己処理の知識や方法を間違って覚えてしまっていると、大変な目にあうことがわかってもらえたと思います。しかし、自己処理が肌に良くないからと言って、何回もサロンに通うとお金がかかってしまいます。何とか肌に優しく自己処理をおこなう方法はないのでしょうか?

 

そんなあなたのために、ここでは肌を傷つけずに自己処理をおこななうポイントを3つ紹介しますので、参考にして肌トラブルがおこらないようにしてくださいね!

 

 

2-1.カミソリで自己処理するときの肌トラブル回避方法

 

 

専用のシェービングジェルなどを使いましょう。

 

カミソリで処理するときはボディソープなどを使わず、専用のシェービングジェルなどを使いましょう。なぜならボディソープの泡は密度が薄いので、カミソリの刃と肌の隙間に入るとクッションの働きが専用のシェービングジェルと比べて不十分だからです。

 

この働きが不十分だと、カミソリの刃が直接肌に触れやすくなってしまい、不必要に肌を傷つけるだけでなく、乾燥をひきおこして肌トラブルの原因になってしまいます。

 

専用のシェービングジェルなどで肌を守りながら処理しましょう!

 

 

 

2-2.カミソリでの自己処理の後は日焼けに注意

 

 

日焼けしやすい状態になっています。

 

カミソリでの脱毛後は肌本来のバリア機能がムダ毛といっしょに剃り落されているので、日焼けしやすく、赤いはれやひりひりとした痛みがおこりやすく、それらの症状が通常より治りにくくなってしまいます。

 

また、バリア機能が失われていることで肌が乾燥しやすくなっています。もしやむを得ず日焼けしてしまった場合は症状が出ていなくとも化粧水やローションで普段以上に保湿ケアをすることが大切です。

 

脱毛後は日焼けに注意して、日焼けしてしまったときは保湿ケアをしましょう!

 

 

 

2-3.カミソリなどの保管方法に注意

 

 

湿気の多い場所には保管しないようにしましょう。

 

カミソリ、電動シェーバー、毛抜きは保管方法が悪いと肌トラブルの原因となる場合があります。保管するときは常に清潔な状態にして、湿気の多いお風呂場などは避けましょう。

 

特にカミソリの場合は湿気が多いと刃が錆びやすく、切れ味が悪くなるのでムダ毛が引っ張られて肌に負担がかかったり、刃そのものに雑菌が繁殖しやすくなるので炎症などを引き起こす可能性が高くなります。

 

肌トラブルを回避するためにカミソリなどはなるべく新しいものを使いましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

キレイモ値段に関する画像

 キレイモは値段が安く予約も取りやすい全身脱毛サロン

 

人気の全身脱毛サロンのキレイモ。しかし、他のサロンと比較して値段が安いのかどうかわかりにくいですよね?キレイモと人気脱毛サロンを徹底比較しました。